2016年11月15日火曜日

セブンスペードのご紹介です。

どんなゲーム?

スピーディなブラフゲームです。手元にスペードのカードを集めますが、ブラフをかけて(嘘をついて)構いません。ダウトされないタイミングを見計らってブラフをかけ、手元のカードを増やしましょう。

時間と人数

10分程度、2人から5人。3-4人がオススメです。

ルール

使用カード: 1組52枚。ジョーカーは使いません。
カードの数字に意味はなく、スートもスペードかそれ以外という区別しかありません。

勝利条件

規定枚数のカード(プレイ人数によって異なります)を最初に手元に並べたプレイヤーの勝ちです。あるいは1人を除いてすべてのプレイヤーが脱落したら、最後に残ったプレイヤーが勝ちです。勝つために手元に並べる必要があるカードの枚数は以下の通りです。
・2人プレイ:7枚
・3人プレイ:5枚
・4人プレイ:4枚
・5人プレイ:3枚

ゲームの準備

適当な方法でディーラーを決めます。ディーラーはカードをよく混ぜ、裏向きでテーブル中央に置いて山札とします。
ゲームの準備はこれだけ。


プレイ

ディーラーの左隣から順に時計回りで手番を行います。手番では山札からカードを1枚引き、他のプレイヤーに見られないように確認します。その後、以下のうちどちらかを行います。
・引いたカードがスペードの場合:引いたカードを伏せて手元に置きます。
・引いたカードがスペードではなかった場合:引いたカードを捨て札置き場に置くか、(スペードだと偽って)伏せて手元に置きます。
スペードではなかったら正直に捨てるか偽って手元に置く
プレイヤーがカードを手元に置いたとき、他のプレイヤーは誰でも「ダウト」を宣言できます。ダウトが宣言されたら、いま伏せたカードを公開します。(そのプレイヤーが過去伏せたカードは公開しません。)
・公開したカードがスペードだった場合:ダウトを宣言したプレイヤーはゲームから脱落します。
・公開したカードがスペードではなかった場合:ダウトを宣言されたプレイヤー(つまり手番のプレイヤー)はゲームから脱落します。
ゲームから脱落したプレイヤーの手番はそれ以降飛ばされます。

ゲームの終了と勝利

規定枚数のカードを最初に手元に並べたプレイヤーがゲームに勝利します。このとき、最後のカードは公開してスペードであることを証明しなければなりません。最後に嘘をつくのはダメということです。
最後の1枚は公開して勝利!
もしくは1人を除くすべてのプレイヤーがゲームから脱落したら、最後に残ったプレイヤーがゲームに勝利します。

出典

Pagat.com、ゲーム会の実プレイ

ゲームマーケット秋のカタログが販売開始となりました。うちが気になるのはやっぱりトランプ関連のブース。というわけでカタログから情報を集めてみました。

【A01】ブリッジ体験コーナー

公式サイト
トリックテイキングゲームの最高峰、コントラクトブリッジの体験コーナーです。ブリッジは複雑で奥の深いゲームですが、ステップを追って覚えれば怖くないですよ。気軽に覗いてみてはいかがでしょうか。参加者全員にトランプをプレゼント!らしいです。

【A24】ゲームストアバネスト

公式サイト
6スートトランプのTENNOSを販売しています。5人以上でトランプ用のゲームを遊ぶときに重宝します。

【B13】スモール出版

トランプゲーム大全のページ
日本における究極のトランプゲーム本ことトランプゲーム大全を販売しています。会場で買うと特典が付くようです。

【F20】つばきや

作者のサイト
アニミズムトランプというオリジナルデザインのトランプを販売するようです。

【F27-27】Black Poker

公式サイト
1人1つのトランプを使ってトレーディングカードゲームのように遊ぶゲームを提案しています。試遊スペースもあります。

【M06】C県者流

ゲームマーケットのサークルページ
トランプ拡張ゲーム「パナマ」を販売します。カードを立てて使うところが新しいですね。試遊スペースもあります。

【F39】トランプ屋

カスタムデザインのトランプ販売、おススメゲームの試遊をやります。マストフォロー練習トランプもどうぞよろしくお願いします。


まとめてみると案外トランプ関連のブースがありました。「このブースもトランプ関係あるよ!」というところがありましたらご連絡ください。
2016年11月14日月曜日
もともと2013年秋に「練馬おやこボードゲームの会」で発表されたマストフォロー練習トランプのご紹介です。

このデックはカードの色がスート(マーク)毎に異なり、裏側からスートが分かるようになっています。これを使うことで、周りのサポートを受けながらトリックテイキングのマストフォロースートの原則を練習することができます。
手札のスートが公開されることはゲームの良いスパイスとなることがあり、特にペア戦のゲームではそれがよく効いてくるようです。
「練馬おやこボードゲームの会」のページではこのデックを使った創作ゲームのルールが公開されていますので、ぜひ、遊んでみてください。
おうちでトランプ - マストフォロー練習トランプ


これは色が異なる4組のデックをスートごとに組み直したもので、カードの色は赤、黒、黄、青の4色の組み合わせになっています。デザインはほぼバイシクル・ライダーバックと同じです。(黄色のスペードのAだけデザインが異なっています。)各デックにはジョーカーやギャフカード計4枚が付いています。
2016年11月2日水曜日
先のエントリでお知らせしておりますとおり、トランプ屋はゲームマーケット秋に出展します。
出展内容が固まってきましたのでお知らせいたします。

イベント概要

日時:12月11日(日) 10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東7,8ホール
ブース番号:F39 トランプ屋
入場料:1000円(会場マップ 入場チケット付き) or 1500円(カタログ 入場チケット付き)
URL:http://gamemarket.jp/

出展内容

デックの販売、購入者対象のルールカードの配布、試遊を行います。

デック販売


以下のデックを販売します。いずれもデザインと品質にこだわった品です。現地ではすべてサンプルを出していますのでお手に取っていただけます。
Artifice: \1,000
Bumble Bee: \1,200
Fathom: \1,200
Sleepers: \1,200 在庫僅少です。お早めにどうぞ
Infinity: \1,500
Absinthe: \1,500
・マストフォロー練習トランプ*: \1,000
*マストフォロー練習トランプは通常のトランプと異なり、裏からマークが分かる仕様になっています。トリックテイキングのフォローの仕組みを練習するためにお使いいただけます。

そのほか、トランプ屋なのに○○!?というものも販売を予定しています。

ルールカードの配布

6種類のデック1つをお買い上げごとにルールカードを2枚差し上げます。(マストフォロー練習トランプにはおまけは付きません)
ルールカードは8種類。ミッチ、ゴルフ、ヤニブ、ブラックレディ、スパー、ミルケン、スカート(リファレンス)、クリベッジ(リファレンス)。
ルールがポーカーサイズのカード1枚に収まっており、トランプの箱に一緒に入れられます。外出の際にトランプの箱1個に収まるのはやっぱり便利です。個人的にはスカートとクリベッジのリファレンスは常に箱にいれています。リファレンスはルールを知っている人が一人いることが前提ですが、なかなか重宝します。
なおブースにお越しいただいた方にルールカードと同じ内容のペーパーを配布します。

試遊

当日、トランプ屋で試遊ブースを取っています。
うちで扱っているデックを使ってトランプを遊びましょう。

ちなみにお隣のブースは「日本ツイクスト協会」さんです。ツイクストはボードは国内では手に入りにくいですが紙とペンで遊べるアブストラクトの傑作です。うまい手が打てる過程が楽しいゲームですので、合わせて訪れてみてください。
それでは当日はよろしくお願いします!