2017年10月21日土曜日

「イカしたデックとオモシロなゲーム」を目指して活動しているトランプ屋ですが、ここで改めて私達の考える「イカしたデック」についての考えを語ってみます。
世の中には実に多くのトランプデックがあり、デザインも品質も、そしてお値段も千差万別です。星の数ほどあるデックの中から取り扱い商品を決めるときの基準に大きく3つで、「ゲームに適している」「気が効いている」「値段が高くない」です。これらの3要素をそれぞれ説明します。

「ゲームに適している」こと

この世のデック全てがゲームのことだけを考えて作られている訳ではなく、トランプのユーザーの中にはマジシャンやカーディストリー、コレクターという層がいます。これらのユーザーは見た目にインパクトがあって華美な物を好む傾向があります。インパクトの強い見た目は観客の目を引いたり所有欲を満足しますが、ともするとクドくなってしまいます。トランプゲームはプレイ時間が長いものだと1時間以上かかり、その間カードを見つめ続けることになります。そのため長く見つめても邪魔になりにくく、飽きにくいデザインのものを選ぶようにしています。

「気が効いている」こと

遊びやすいのは優先ですが、トランプは遊び道具ですから遊び心も大事です。そのためカードのデザインは気の利いたものを選ぶようにしています。具体的にはピップの形や色合い、ランクのフォントがオリジナルなものを選んでいます。私たちの扱うデックを使ってもらうシチュエーションは、ゲーム会や友達との集まりで、トランプはふだんあまり遊ばない人が使う、というものを想定しています。一緒に遊ぶ人の興味を少しでも引くためにこのような「気が効いた」デックは力を発揮してくれると信じています。

「値段が高くない」こと

トランプは気軽にガンガン使い、カードがくたびれたら買い換えるくらいのものだと思っています。そういった使い方を考えると、たとえば1箱5千円するデックはちょっと厳しいです。価格帯としてamigoやabacusのカードゲームと同程度であればそういった使い方をしてもらえるかなと思い扱い品を選んでいます。

以上、トランプ屋の考える良いデックについて語ってみました。さて、この物差しで次はどのデックを扱いましょうか。いつも悩ましくも楽しい決断が待っています。
それではまた、Have fun!
2017年10月2日月曜日
10/1(日) に浅草橋のヒューリックホールで行われたボードゲームオータムフェスタに参加してきました。
横に長い!
会場は第1回東京ボードゲームコレクションと同じ場所で、落ち着いた雰囲気の中飲食可能な環境で行われました。販売卓は事前の申し込みの倍の広さを頂き、商品だけでなくフリーペーパーも広めに展開できました。そして飲食可イベントだからこそできる試遊卓のグミ設置です。以前エッセンで見て夢見ていたのが叶いました。
グミはもちろんHARIBO
トランプ屋的にはゆっくり試遊卓でゲームをご案内でき、販売でもサンプルを手に取っていただきながらいろいろお話をすることが出来、お陰様で楽しい1日を過ごすことができました。新作を買うのが忙しいイベントよりもこういうイベントにも引き続き積極的に出展したいですね。
個人的に不満があるとすれば飲食の部分でしょうか。せっかく飲食OKな会場なのでそこを活かしたものが欲しいところでした。そこは次回に期待したいです。
さて、次の出展はゲームマーケット秋1日目を予定しています。次のイベントまで皆様、Good luck!

2017年9月23日土曜日
なんだか見覚えのあるサークルカット……
トランプ屋はボードゲームオータムフェスタに出展します。

イベント概要

ボードゲームオータムフェスタ
日時:10月1日(日) 11:00~17:00
場所:浅草ヒューリックホール
 〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 2階(浅草駅徒歩)
ブース番号:C-04 トランプ屋
入場料:\1,500(カタログが入場券になります)
アクセスなどの詳細は公式ページをご覧ください。

出展内容

販売

トランプやドミノデックやマストフォロー練習トランプなどを販売します。いずれもデザインと品質にこだわった品です。現地ではすべてサンプルを出していますのでお手に取っていただけます。


ペーパー配布

もはや定番化してきた感のあるトランプ屋通信の第4号は「トランプ関連本、ブックレビュー」です。もちろん今回も無料でお配りします。
バックナンバーも持っていきますのでどうぞもらっていってください。

試遊

もちろん今回も試遊やります!ふらっと立ち寄っていただいて新しいトランプゲームを一つ二つ知っていただければ。会場は飲食OKなので、お茶を飲みながら、お菓子を食べながらというのもいいですね。

今回のイベントで初売りのものはありませんが商品は厳選して置いていますので是非ブースにお立ち寄りいただき、実物を手に取っていただければ嬉しいです。
2017年9月17日日曜日

スリートリックスのご紹介です。

どんなゲーム?

トリックテイキングという、カードの強さ比べをするゲームです。13回ある勝負のうち3回勝つと高得点ですが、勝ちすぎるとマイナス点です。シンプルなルールでトリックテイキングの醍醐味を味わえます。

時間と人数

45分程度、4人専用。

ルール

使用するカード

1組52枚。ジョーカーは使いません。

カードの強弱

A > K > Q > J > 10 >…> 3 > 2

勝利条件

4ディールやり累計点が最も高いプレイヤーが勝利します。

ゲームの準備

適当な方法でディーラーを決めます。ディーラーはカードをよく混ぜ、ディーラーの左隣から時計回りに1枚ずつカードを配り、それぞれ13枚のカードを配ります。つまりすべてのカードを配りきります。配られたカードは手札とし、他のプレイヤーに見えないように手に持ちます。
カードは1人13枚配り切り

プレイ

ディーラーの左隣のプレイヤーが最初のリードとなります。
トリックという小勝負を13回繰り返して1ディールとなります。
1トリックの流れは、リードのプレイヤーが手札からカードを1枚出します。どのカードでも構いません。
それ以外のプレイヤーは時計回りで順番に、手札からカードを1枚出します。このとき、リードと同じスートのカードが手札にあるなら必ず出します(マストフォローといいます)。同じスートが手札にない場合、代わりに好きなカードを出します(トリックには勝てません)。全てのプレイヤーがカードを1枚ずつ出したら、リードスートの最強カードを出したプレイヤーがこのトリックの勝者となります。
1トリックの例。リードスートのカードが手札にある限りそれを出す。
トリックの勝者はこのトリックで出されたカードをまとめて裏向きにし、手元に置きます。あとで得点をつける時のために、手元のカードはトリックごとに分けて置いておくと良いでしょう。
トリックを獲得したプレイヤーが新たなリードとなり次のトリックを行います。これを繰り返し、手札がなくなったら1ディール終了で、得点計算に進みます。

得点計算

各プレイヤーはこのディールに獲得したトリック数に応じた得点を獲得します。
トリック数012345613
得点-5149-4-5-6-13

1ディール終了後の得点計算の例
得点の累計がマイナスになることもあります。このディールの得点と累計点を記録したらディーラーを左隣のプレイヤーにかえて次のディールを行います。
人数分ディールを行い、累計点が最も大きいプレイヤーが勝利します。

戦略とポイント

4人のうち誰かは必ずマイナス点になります。最終局面はお互いトリックを取りたくない展開になるため、中盤までは極力トリックを取らない方がいいようです。

出典

ゲーム会の実プレイ、夢中になる!トランプの本
2017年8月27日日曜日
2017年5月から7月まで募集した『Enjoy!マストフォロー練習トランプキャンペーン』の各部門受賞作が決定しましたので発表いたします。

1. ルール部門
 クロスラフ りかち さん
2. プレイ部門
 MFTTでコントラクトブリッジ 倒福 さん
3. コラム部門
 ○○さんをトランプ沼に引きずり込むために、マストフォローについての疑問に答えた 徳じろー さん

以上、おめでとうございます!
大賞受賞作を含む全ての応募作はこちらの特設ページでご覧いただけます。各応募作にトランプ屋からコメントも入れました。

大賞受賞者には賞品として、トランプ屋セレクトのいろいろ詰め合わせを進呈いたします。また、あいにく選に漏れた皆様にもお礼の品を差し上げます。詳細につきましてはトランプ屋からご連絡させていただきます。
2017年8月15日火曜日
8/13(日) に都立産業貿易センター台東館で行われた東京ボードゲームコレクションに参加してきました。
第2回は前回と会場も変わり、広すぎない規模間を残しつつ静かに盛り上がる雰囲気が残っていました。ゲムマより販売卓が広く、いつもよりばーんとディスプレイできたのが気持ちよかったです。今回初売りのBicycle Autumnも好感触で、リピーターの方にもお求めいただいていました。
全体の客入りはどうだったんでしょうか。ゆっくり買い回りできる程度の客入りでしたが、試遊は全体的にちょっと苦戦していたようです。8/13という日取りが影響しているかもしれません。

さて、次の出展予定はボードゲームオータムフェスタです。トランプ屋通信第5号発行に向けて準備中です。
それでは次のイベントまで、Have fun gaming!
2017年7月17日月曜日

トランプデック 「Bicycle Autumn」のご紹介です。名前の通り、秋がテーマのデックです。Bicycleブランドのデックの中でも特に良かったため扱うことになりました。
箱やフラップのデザインはそんなに目立った特徴はありません。封印シールはBicycleの標準的なものになっています。表記は英仏併記になっています。

バックのデザインはかわいらしいですね。緑と茶色の組み合わせがきれいです。

Bicycleブランドにしては珍しくピップのデザインや色合いがカスタムなものになっています。赤はややオレンジがかっており黒も真っ黒というよりグレーです。ジョーカーのデザインはバイシクルのデザインを基本にして秋の落ち葉を加えていて、テーマにぴったりのアレンジです。インクも特殊なものを使っているようで、インクが載っている所箇所が光をわずかに反射します。この色合いと仕上がりはまさに秋のイメージにぴったりです。
当然カードの品質はBicycleブランドの他のカードと同様で良質です。カードのカット、コシ、すべりのすべてが満足のいく仕上がりになっています。

ひとことポイント
デザインのオリジナリティと見やすさのバランスが最高です。秋だけじゃなくて1年中を通して使いたくなります。